住所録データは高いから自分で作ろう

ダイレクトメールを始めるために、まずは住所録を手配しようといろいろと調べました。
予想以上に高価であることを知りました。

10,000件の事業者住所録を購入しようとして、いくつかのネット上で販売している事業者を調査して見ました。

業種と地域を指定して10,000件で50,000円(最安)から600,000円という結果でした。

まだこれ以上高い、みんながよく知っている事業者もありました。

そこで、ネット社会の現状で、ましてや事業者の住所録であれば公開されているのが多いのではと考え、欲しい業種と地域を指定して約10,000件を検索しながらデータ化してみました。

とてつもない時間を労力を必要としました。

こんな思いをするなら、高価な住所録データでも購入した方が楽かなとも思いました。

でも、こんな思いをしてなかなかダイレクトメールを始められない方も多いのではと感じました。

何とかネットにあるデータを上手にシステム化することで短時間で集めて、データ化出来ないかを考えました。

それがDMデータ販売を始めるきっかけです。

まず自分でダイレクトメールを始めるところからスタートしました。

しかし、「住所録データは高いから自分で作ろう」という考えをクリアするには結構な時間を要しました。

失敗の繰り返しで、たくさんの時間を無駄にしたような気もします。

でも、今はこうして皆さんに安価に最新のデータをご提供出来るようになりました。

今でも、「最新のデータを、最安で提供したい」という気持ちには変わりは無く、1件1円での提供は継続されています。

1件1円なら自分で住所録を集めて、作ることを考えたらかなり安いと思います。

ただ100件前後のデータなら、以外と簡単に収集できる方法はたくさんあるので自分で集めた方が得です。

基準としては1,000件以上になるなら、DMデータ販売から購入した方が、安価です。

一度、いろいろな住所録の取得方法、金額を調べたり、実際に自分でデータを集めたりして頂くと、いくらの金額が妥当な金額かがわかると思います。

私も個人的には1件3円~5円が適当な価格と考えていますが、常に新しい住所録を使い続ける事を考えると、少しでも安価な方が最新の内容の住所録データを手に入れていただけると考えています。

10,000件のデータを1件当たり3円で購入した場合、30,000円で購入出来ますが、この住所録を1年間使い続けたとします。

この1年間で新し事業者は何件増えているでしょうか?

意外と新規参入事業者こそが重要な顧客になってくれる可能性は高いです。

そこで、1件1円なら同じ1年で3回購入出来る事になります。

少なくても2回分の増減件数、つまり新規に追加された事業者へのアプローチができると言う事です。

単に安価に販売するという意味ではなく、できる限り予算が許す限り最新追加されたデータを手に入れるためにも少しでも安価な住所録を手にしていただきたいと願っています。

これが私たちDMデータ販売の全国事業者住所録です。

件数の多い業種は、毎月最新のデータに更新しています。

その他の業種でも最長3ヵ月に1度は最新のデータに更新されています。

一度自分で住所録造りにチャレンジしていただき、絶対にDMデータ販売の住所録のほうが安価だと感じていただきましたら、是非、ご購入、ご活用下さい。

 

 

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment