手順間違っていませんか?

良く、デジタル等の案内を電子メールで受け取ることがありますが、どうなんでしょうか?

きっとデジタル化をお勧めしたい方たちって、電子メールを読まないような気もします。

まずは、アナログ(紙等)でのアプローチが先ではないでしょうか?

よく聞く話で、ホームページは進められて作ってみたものの、放置状態という事業所って結構ありますよ。

ようは、強い営業をかけられ、高額な費用を払ってホームページを持ったものの、どう活用して良いのか、どう内容を更新したら良いのかわからないといった方が多いので、そういう方たちは、メールもほとんど見ていない状況です。

さらに追い打ちをかけて

ネット広告がどうの

ランディングページがどうの

とさっぱり意味がわからない言葉を並べられ、嫌気をさしている事業主も多く見られます。

一番良いのは面と向かっての営業でしょうが、訪問営業は結構敷居が高いです。

つまり、あいてが忙しい時間帯に訪問すると話を聞いてもくれません。

訪問が無駄になってしまいます。

仕方が無いので、「資料を置いていきますので後で読んでおいて下さい。」と言って資料を置いてくるのが精一杯といったところですが、今のご時世、訪問、対面営業もままならないです。

それならダイレクトメールで、きちんと「挨拶」「会社説明」「商品説明」を先に済ませるというのはどうでしょうか?

そうすれば、後から「先日資料をお送りさせていただいた●●ですが・・・。」というアプローチも可能になってきます。

ダイレクトメールは他の媒体と違って開封率、つまり見てくれる度合いがとても高いです。

中には、「問い合わせをしようと思っていたんだよ。」という方も多く、訪問営業より効果が大きいと言う声も聞きます。

じっくりと時間のあるときに読んでもらえて、常に資料が手元にあるので、いつでも読み返していただく事も出来ます。

ホームページの検索にたよって、全然効果がない。

メールを送っても音沙汰がない。

訪問しても話を聞いて貰えない。

他の媒体で広告を出してもさっぱり問い合わせすら来ない。

多くは、「目にとまらない、目に入らない」のが原因ではないでしょうか?

まずは、ダイレクトメールで目に触れるところから始めませんか。

そしてきっかけが出来たら、電話、メール、訪問、最後にホームページから申し込みをいただくという手順ではどうでしょうか?

このダイレクトメールに必要な全国業種別事業者住所録データを安価にご提供しています。

他の1/3~1/10の価格での提供は、単に安価に販売するのが目的ではなく、どんどん新しい事業所が追加されます。新しい事業所こそ商売になる確率が高いものです。

そのチャンスを少しでも多く持って頂くために安価にご提供しています。

もちろん安価であっても、いつまでも古いデータでは意味がありません。

1ヵ月毎に更新している業種が200業種他の400以上の業種も最長3ヵ月に1度は最新の状態に更新されています。

つまり、他所で購入して1年使う事を考えると、仮に1/3の価格の場合4ヵ月毎に最新のデータに更新できて、追加された新しい事業所へのアプローチが常に出来ている事になります。

意味のある安さと、更新サイクルです。

是非、DMデータ販売の住所録データを使って、ダイレクトメールで成功して下さい。

 

 

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment