ネット販売事業者の皆様へ

現状の3蜜を避ける状況下でネット販売が好成績を上げているという話が聞こえてきますが、どうですか?

今、実際にネット販売を行っている事業者のどのくらいが「売上増」を感じているでしょうか?

おそらく「全然変化ないよ」「返って減少気味」という方が多いのではないですか?

業績アップしているネット販売事業者は、いままでも良くて、さらに今回良くなったというケースがほとんどのようです。

では、その他大勢のネット販売事業者は、この厳しい状況下で、さらに厳しくなっています。

理由はたくさんあります。

ネット接続者が多くなり、なかなか表示されなくて、ページを閉じてしまうというケースです。

これは、商品や事業者を検索したり、検索した結果、そのひとつを表示する場合にも問題がありそうです。

もしネット販売を「ネット検索」に頼っているようでしたら考えを改める必要があります。

もちろんネット広告を頼っている方も同様です。

おそらく自分が販売したい相手に、きちんと伝える事が出来ていないです。

そこで考え方を変えてみましょう。

自分が販売したい相手が決まっているなら、まず、自分の存在を確実に伝える事から始めて見ませんか?

そうです。

ダイレクトメールなら、確実に相手に届き、相手を選ぶ事が出来ます。

どうやってその相手の住所録データを手に入れるか?

この時代に個人の住所録データを手に入れるのは難しいです。

それこそ個人宛にダイレクトメールを出すと、「私の住所をどこから手に入れたのですか?」というクレームにも繋がってしまいます。

良く考えて見ましょう。

私たちの周りにはあふれるばかりの事業者住所録が公開されています。

そしてその事業者の65%は個人事業者なのです。

よく言われている大企業は、事業者全体の数パーセントにすぎません。

この個人事業者宛にダイレクトメールを出すなら、全然違和感はなく、すんなりと受け取ってくれます。

なぜなら、自分たちが好んで住所データを公開しているからです。

後は、どんな業種の方に送れば購入していただけるか?

どんな商品を勧めれば購入していただけるか?

これは皆さん個々の腕の見せ所です。

ダイレクトメールは、確実に届けたい人に届けることが出来る素晴らしい方法です。

そして、ダイレクトメールは他の宣伝広告に比べ、無駄がなく、費用対効果に優れています。

そうです。

多くの方に、自分事業所、商品を知っていただく手段としては「ダイレクトメール」が一番だという事を理解して下さい。

そして、今までやってきているネット販売はそのまま受注、情報提供の場としてさらに充実させて下さい。

この方法ですでに大手の通販業者が実績を残しています。

それは至極当たり前の方法だからです。

カタログが手元にあって、ソレをネットから簡単に注文できる、発送状況もネットで確認できると消費が喜んで利用するのも当たり前です。

ネット販売を全否定するのではなく、ネット販売で苦手なところを改善することで、さらに売上効果を上げようという事です。

さぁ、試してみませんか「全国業種別事業者住所録データ」を使ったダイレクトメール!

 

 

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment