リモートが標準に

今回の新型コロナウイルス感染により、「リモート」が標準になりつつあります。

という事は、どう仕事に活かせるのでしょうか?

今まで、直接会って営業をしていた事が、リモートで抵抗なく出来る環境になってきているという事です。

あとは、どうやって営業をかけるきっかけを作るかです。

まさか、リモートでそのきっかけも作るって?

それは、ちょっと不可能ですね。出来ません!

最初は、きちんとダイレクトメールでご挨拶する必要があります。

「私たちは、社会環境を第一に考えて、ご商談をリモートにて実施している会社です。」という内容のダイレクトメールを最初にお届けするのが礼儀と思います。

一度、コンタクトが取れれば後はリモートでの営業、商談が可能となってきます。

また、直接会っての営業は、行動範囲が制限されてきましたが、「ダイレクトメール」と「リモート」を駆使することで、その制限も解除されて、全国的に展開も容易になってきます。

どんどん広がりが出てきます。

どうですか?

今までの営業形態を見直して、新しい時代の、新しい商売のあり方を検討して実施してみてはいかがでしょうか?

今後のご商売の標準を、みなさんご自身で作ることが出来るチャンスです。

 

 

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment