ダイレクトメールは住所録選びから

100年以上も続くダイレクトメールで効果を上げている事業所はたくさんあります。

テレビショッピングを展開している事業所でも、ダイレクトメールの恩恵は絶大なものがあるようです。

「?テレビショッピング?」って普通は思いますよね。

でも、テレビショッピングを展開している事業所は数多くの商品を取り扱っていて、テレビで紹介している用品はその極一部です。

やはり、カタログを見ていただくのは一番の効果という事ですね。

 

テレビショッピングを経験された方ならわかると思いますが、購入した商品にカタログが同封されて送られてきたり、後からカタログが送られてきたり、と最大限にダイレクトメールを利用しています。

 

さて、これから事業を展開する、あるいはこれから売上拡大、顧客拡大を狙っている事業所では、テレビショッピングとはいきませんので、最初から効果が期待できる「ダイレクトメール」を選択するのが一番の売上への早道かも知れません。

 

ここで注意が必要なのは、どんなに優れた商品を販売しようとしていても、的外れな所へダイレクトメールを出しても売上にはつながりません。

 

購入してくれるだろうと予測できる相手に送る事が出来ます。

要は見込みのある方に送るという事です。

 

最近は個人情報保護法があり、なかなかダイレクトメールは推奨出来ないと思っている方はいませんか?

 

というより、個人の住所録データを手に入れる事自体が困難ですね。

 

では、ちょっと考え方を変えてみましょうか。

 

日本の事業所の約65%が個人経営という事を知っていましたか?

 

つまり、事業所宛のダイレクトメールでも個人に送付していると変わらない効果があるという事です。

 

かえってその事業所に勤めているパート、アルバイトの方にも見て貰えるチャンスもあるということです。

 

要は送付するダイレクトメールの中身をちょっと工夫すると、意外と大きな効果につながったりします。

 

では、事業所へ送るダイレクトメールはどうでしょうか?

 

何も問題はありませんね。

 

送りたい業種の方々のリストを手に入れて送るだけです。

 

さぁ、いよいよ事業者住所録の手配です。

 

たくさんの方法があるかと思います。

 

一般に言う名簿屋さんで購入する方法もあります。

 

最近よく目に着く大手企業の電話データの住所録販売もあります。

 

でも、よく考えてみて下さい。

 

意外と現代のネット社会では、多くの事業所が宣伝広告を兼ねてホームページを公開している事業所がたくさんあります。

この情報を上手にまとめて収集すると無料で手に入ります。

 

無料と言っても、検索する人の人件費は最低限必要になります。

 

ネット上で公開されている情報は一部を除いて最新といって良いのではないでしょうか。

 

例えば全国のある業種の住所録データというと、いろいろとデータ収集、とりまとめには、ちょっとしたノウハウや、予想外の時間を要したりします。

 

ダイレクトメールを誰もが、簡単に最新の住所録データを利用して実施できないかという点に注目しました。

 

ネット上では、1件の住所録データが3円~10円くらいで売買されているようです。

 

大手では、ちょっと購入に躊躇してしまう価格で販売されてもいます。

 

多くの方は、住所録が安価に手に入らないと言うことで、良いとはわかっていてもダイレクトメールを諦めている方がたくさんいます。

 

そこで私たちは次の事を考えました。

 

1.1件1円で販売出来ないだろうか?

2.いつでも、どこからでも安価に直ぐに手に入らないだろうか?

 

この2つを実現するには、人手極力少なくすることで実現出来るのではと考えました。

 

みなさんも充分にご存じの通り人件費は、どんな商売でも価格に反映するものです。

 

一般的な名簿屋さんはどのように住所録を販売しているのでしょうか?

 

1.名簿集めます。

2.データに起こしています。

3.ネットに公開、またいろいろな手段で宣伝広告を行っています。

4.問い合わせをうけ、見積もりを提出します。

5.見積もりが通れば入金確認を行います。

6.依頼内容の住所録データをとりまとめます。

7.郵送またはメール添付でデータを送付します。

 

これだけの手間を掛けています。

 

そこで

1.先にデータを作成しておく

この場合、いつ作成されたデータか、価格をしっかり表示する事が大事です。

これをしっかり表示しておけば見積もりの必要がなくなる。

2.ネット上で購入出来るようにする

自分が求めていた住所録データが見つかったら、直ぐに購入手続きに行けるようにしておく。

購入したデータは、いつでもダウンロード出来るようにしておく。

3.決済方法を2つ用意する

クレジット決済なら、決済後直ぐにダウンロード可能にする。

銀行振込なら、入金確認後直ぐにダウンロード可能にする。

 

これなら最低限の手間で、住所録データを提供でき、手にしていただく事ができます。

 

それがDMデータ販売の住所録データのご提供システムです。

 

一般的に良く購入されるだろう業種を650業種いつでも購入出来るよう用意しております。

 

もし、その中に見つからない場合でも、「ワンコイン・オーダー」として、業種と地域を指定してのご注文をお受けしています。

 

あとは、みなさんの「誰にダイレクトメールを出すか」を決めていただき、対象の業種住所録データをご購入頂くだけです。

 

さぁ、はじめませんか費用対効果に優れたダイレクトメール!

 

 

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment