少しずつ住所録データを追加しています

DM-DATAは、ダイレクトメールやテレアポにあったらいいなと思う住所録データです。

個人の住所録は何かと問題があり、販売出来ません。

しかし、一般にネット上に公開されている事業者の住所録なら問題はありません。

たくさんの人に知ってもらうために各事業者がネットに公開しているのですから、それをとりまとめて住所録データという形にしています。

本来なら、誰もが収集出来るデータなのですが、いざ自分で事業者の住所録データを集めようとすると、人手はもちろんですが、時間もかかります。

そこで皆さんがなかなか出来ない住所録情報を収集して、誰もが簡単に利用出来るマイクロソフト社のEXCELファイルにして提供致します。

事業所の住所録データもいろんなところで販売はされているのですが、結構「どうしようかな?」と思ってしまうほど高額だったりします。

高額な住所録ほど不要なデータも含まれ、シンプルではありません。

例えばダイレクトメールを出す場合には何が必要でしょうか?

そうです。

送付先と送付先の郵便番号、住所があれば用は足ります。

そこに電話番号があれば申し分ありませんね。

この電話番号があることでテレアポにもご利用できます。

私たちが作成している住所録データは、「会社名」「郵便番号」「住所」「電話番号」の4項目でとてもシンプルです。

価格も驚きの、1件当たり1円と低価格です。

どうして安く販売出来るかって?

「古いデータだから安いんだろう!」

もしそんなことをしたら二度と購入していただく事は出来ません。

私たちの作成する住所録データは、1ヵ月毎~最長でも3ヵ月に一度は最新のデータに更新されています。

「そんなに頻繁に更新してなんで1件1円なの?」

当然そう思いますよね。

一般的に住所録データを購入する場合は、一度自分が求める住所録データの問い合わせなり、見積もりを取ります。

ここで電話またはメールを受け取り、見積もりを作成します。

見積もりを受け取ってから件数や価格に納得したらオーダーをします。

数日後にデータが届き、データの支払いをします。
(最近はデータという性格上、代金の前払いが普通となっています。)

というように手間、暇がかかります。

だから高額な住所録費用となってしまいます。

私たちは、少しでも安価に最新の住所録データを提供出来るようにするにはどうすれば良いかという事を考えて、考え抜きました。

費用の負担となるのは人件費です。

極力人件費がかからない方法をとることで安価に提供出来るのではないかという所からスタートしました。

先に皆さんが希望する住所録を作成し、その件数と価格を表示しておき、さらにいつ作成されたデータかも表示する事で安心して購入が出来るようになるのではと考えました。

そして、納得した上で、「購入ボタン」をクリックするだけで、問い合わせの必要も無く欲しい住所録データが購入出来るのです。

ここまで一切のコンタクトを取っていませんので、住所録データ作成以外に余計な人件費はかかりません。

さらに、クレジット決済をすれば、ほとんど自動販売機状態となり、事件費はかかりません。

それはどう言うことかと言うと、住所禄データの販売をダウンロード形式にすることで可能になります。

クレジット決済で住所録の購入をされると、決済と同時にダウンロードの方法を記載したメールが届き、ご自分でダウンロードをして頂くだけとなります。

銀行振込の場合、入金確認がひつようですが、今の時代ネット銀行を利用する事で振込があった場合メールで知らせが来ますので、結構リアルタイムでの入金確認が出来ますので、以外と早くダウンロード方法を記載したメールを送付する事が出来ます。

こうして作成された住所録データですが、皆さんが購入しやすいように業種別に事業者の住所録を作成しています。

良く求められるであろう600業種を選択して、住所録データを作成し、アップしていきます。

もちろんアップ中も件数上位200業種は毎月最新のデータに更新していきます。

参考までに、前回の住所録データの件数から増えたのか減ったのかの件数も表示します。

これは他の業者では無い事です。

是非皆様のダイレクトメールやテレアポにご利用下さい。

※注意事項

ネット上から住所録データを収集する都合上、一部に古いデータが存在したり、また反対にまだオープンされていないお店の情報が入ってしまったりします。

こうしている間にも事業をやめてしまった事業所、これから事業を開始する事業所があり、まさに生き物と同じ住所録データです。

収集された住所録データは、事業所が規模するジャンル、つまり業種に分類されるのですが、複数のジャンルに登録されている事業者もあります。

データの重複を極力無くすために、次の二段階による重複チェックを行っています。

事業者名と住所での重複チェック

ただし、事業所名に本社とか営業部とかがついていて住所が一緒の場合重複とはなりません。

また、上記の重複チェックが終わったデータに、電話番号による重複チェックを行っています。

事業所名と住所での違いはあっても電話番号が同じだった場合はこのチェックではじかれます。

使う身になって少しでも利用しやすい住所録データの作成に心がけていますので、是非DM-DATAの業種別事業者住所録をご検討下さい。

最後になりましたが、約600行種の住所録データのアップは10月末日までに完了する予定です。

毎日、追加される業種を楽しみにお待ちください。

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment