筆まめに住所録データを取り込む

筆まめVer.28への住所録データの取り込み方法

1. 筆まめを起動します。

オープニングメニューから「新しい住所録を作る」を選択します。

 

2. ファイルから「他の住所録形式の読込」を選択します。

 

3. 他の住所録形式の読み込みから「他の形式」を選択します。

 

4. ファイルの種別から「Microsoft Excel形式ファイル(*.xlsb、 *.xlsx、 *.xlsm)」を選択します。

 

5.保存してある「栄養コンサルタント.xlsx」を選択して、「開く」をクリックします。

項目の割り付けを行います。

会社名を除き郵便番号、住所、電話番号が個人に割り付けされてしまうので

郵便番号を〒(会社)

住所を住所1(会社)

電話番号をTEL(会社)

へと割り付けます。

【注意】

住所録データの一番上に項目名がある場合は「最初の1件を除外」にチェックを入れて下さい。

よければ「次へ」をクリックします。

 

6.取り込みが終了すると「カード」が表示されます。

「自宅住所」のモードで開いてきますので、カードには何も表示されていませんが、25件のデータが取り込まれたことが分かります。

 

7.モードを「会社住所」に変更すると、次のように一番目のデータの住所が表示されます。

そして「一覧表」をクリックすると一覧表を捧持できます。

一覧表が次のように表示されます。

確認が出来たら「カード」に戻ります。

 

8.住所録の保存

カードの「保存」をクリックします。

 

名前を付けて保存が開いてきますので、ファイル名を指定して「保存」をクリックして保存します。

規定値でドキュメント内の「筆まめ」フォルダーに保存されます。

 

以上が筆まめへの住所録データの取り込み方法です。

 

エクセル活用へ

 

筆まめの最新版がこちらから購入可能です。

現在はVer.32です。