【自由投稿】欲張らない事

住所録データを選ぶ基準は?

とにかくいろんな情報が得られて、価格が安いこと?

例えばその住所録データは何に使いますか?

多くの方は、ダイレクトメールやテレアポ用ではないでしょうか。

ダイレクトメールやテレアポで効果を上げる秘訣は、軒並みハガキを出す、軒並み電話をする事です。

無駄?

かえって選り好みをすると的を外してしまうことがよくあります。

今の時代、「多様性」という言葉が先行しているように、ひとつに事業所においても様々な取り組みがされており意外なところで商談がまとまることも多くなっています。

決めつけないで、やはり片っ端からが正攻法のようです。

よく資本金や創業年、取引銀行等のデータは含まれますかという問い合わせがありますが、どこでそういうデータが購入出来るのでしょうか?何のために必要なのでしょうか?

また、E-mailデータをご希望される方がおられますが、プロバイダーメールを登録されている事業所の場合は、ほとんど迷惑メールとして取り扱われることが多いです。

最近ではフォームメールを採用している事業所が多く、メールアドレスを非公開という事例が多くなりました。

とにかくダイレクトメールやテレアポでは欲張らないで主目的である郵送物を届ける、電話を掛ける事に注力されることが成功の最短の道です。

住所録データの選ぶ基準は、新しい事、安いこと、シンプルなことです。

 

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment