【自由投稿】コロナ禍にあってダイレクトメールの成果が上がっているって本当?

コロナ禍になってからダイレクトメールが増加したのは本当です。

しかし、成果が上がっているかどうかについてはなんとも言えませんが、他の媒体を使った宣伝広告を比較すると確実に成果が上がっていると確信いたします。

その最大の理由は費用対効果が良いという事です。

不特定多数の方への宣伝広告より、的を絞ったダイレクトメールの方が確実に届き開封率も上がります。

そういう意味では、確実に情報を届ける手段としてのダイレクトメールが活用されているのは事実です。

少しでも効率的な宣伝方法をとるなら、ダイレクトメールが一番のおすすめです。

まだ終息しない新型コロナウイルス感染症ですが、しばらくは距離を保った営業が求められています。

直接なアプローチより、ダイレクトメールでのアプローチは距離を保ったという点では歓迎されています。

特にB to Bにおいては

ダイレクトメール → Webサイトへ誘導 → 問い合わせ・受注・配送情報 → サポート&サービス

と言う進め方が定番になっているようです。

是非、みなさんも試してみてはいかがですか。

 

 

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment