【自由投稿】なぜ1件1円で販売出来るか?

一般的に住所録データといえば1件当たり3円~20円くらいと幅があります。その理由は件数の多少による単価の変化が挙げられますが、一番の要因は元データの取得方法とそれをデータ化する人件費が大きく係わってきます。

おそらくDMデータ販売が基準ではなく、一般的なオーダーを受けてから見積を出して、依頼を受けて作成し、入金確認をして発送すると言うのが一般的です。

よって複数回のやりとりが発生し、やっと手元に欲しいデータが届く事になります。

この方法だと売る側にも買う側にもちょっと負担がかかってきます。

そこでDMデータ販売は「住所録データの自動販売は出来ないか?」を考えました。

そうすることで何回かのやりとりも不要で、件数と価格、そして作成日が分かっていれば直ぐに購入手続が出来ると考えました。

手順的には

1.先に皆さんが必要とされる人気業種を先に選択し、住所禄データを事前に作成しておく。
こうすることで、見積の手順が省けます。

2.件数と価格、作成日時に問題が無ければ購入手続へ直ぐに進められます。
クレジット決済なら直ぐに購入データのダウンロードができます。
銀行振込でも現在では24時間365日即時振込、即時入金が可能ですので、迅速に対応が可能です。
ただし入金確認は毎日9時から22時の間で可能です。入金確認メールが届けば直ぐに購入住所録データがダウンロード出来ます
よって、クレジット決済なら自動販売機で購入するように直ぐに手元に住所録データをダウンロードする事が出来ます。

3.請求書や領収書が必要な場合も、マイページからダウンロードが可能となっています。

どうでしょう?

直接会話やメールのやりとりもせずに、欲しい時に欲しい住所録データが購入出来るシステムです。
他所と違うのはこのシステムでは、人件費が省けるシステムだという事です。

現在の社会では「人件費」が大きな要因を占めるという事は誰もが知っています。

その人件費を最大限取り除き、システム化することで経費を抑えました。

よって、他所ではまねの出来ない件数によらず1件1円での販売が実現出来ています。

データを常に最新に保つため、件数の多い200業種においては毎月最新データに更新し、残りの450業種においても3ヶ月以内に最新データに更新しています。

安くて最新データが安価に購入出来る秘密はここにあります。

いかがでしたか?

 

ご購入のWebマニュアル

購入Webマニュアル

※住所録データのサブスクリプションをご希望の方は下記バナーをクリックして下さい。

サブスクリプションデータ

※住所録データの業種と地域を指定してのデータをご希望の方は下記バナーをクリックして下さい。

個別オーダー

 

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment