【自由投稿】教育関連者の令和4年度の予算組が既に始まっています

教育関連者への次年度の売り込みは、3月に済ませておきましょう。

年度末の予算使い切りで四苦八苦していた担当者も、3月は一息と言ったところですが、でも直ぐに次年度の予算を組まないと新年度をどう進めていくかも判別出来なくなってしまいます。

そこで,関連事業者の方々は、今がチャンスです。

夏頃からいろいろと提案をしてきた皆様にとっても、この3月が最後の一押しです。

まもなく春休みを迎えますが、最終的にはそこで決定する方が多いです。

まだ、提案を出来ていない方がいるのなら、まずはダイレクトメールでご提案を出してみましょう。
このコロナ禍にあって、まだまだ先が見えていない状況下では、なかなか最適な決断が下せないでいますので、最適なアドバイスと最適な提案が実を結びます。

特に教育関連のなかでも小・中・高・大学の先生方、職員の方々は悩みも多く、疲弊している中ではなかなか考えもまとまらないのが現状のようです。

そんな中での、先の見えた、先の見える提案は、先生方を勇気づけるものです。

それはとても身近な提案で良いはずです。

冒険の出来ない現状では当たり前なのですが、その冒険でさえない提案を待ち望んでいます。

さぁ、その状況下で苦しんでいる先生方に、是非とも皆様の素晴らしい提案を送って見てはいかがでしょうか。

 

※住所録データをご購入の場合は「Webマニュアル」をご用意しておりますので、ご一読下さい。

購入Webマニュアル

※住所録データのサブスクリプションをご希望の方は下記バナーをクリックして下さい。

サブスクリプションデータ

※住所録データの業種と地域を指定してのデータをご希望の方は下記バナーをクリックして下さい。

個別オーダー

 

 

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment