【自由投稿】ポスティング

ポスティングと言ったら、家庭のポストにチラシを入れる事ですが、最近はちょっと変化しています。
特に集合住宅に場合、1階の集合ポストに投函していたのですが、各戸別のポストへの投函に変化しています。

この場合、ポスティング業者が複数の依頼主のチラシをまとめて透明な袋に封入したものを投函しています。

以前は新聞の折り込み広告が多かったのですが、最近では新聞の宅配件数が大幅に減少し、ポスティング業者へ依頼する形に変化し、さらには集合ポストではなく戸別ポストへの投函というスタイルに変化しています。

これは、少しでも見ないで廃棄する事を防ぎ、チラシ効果を高める意味合いも込めて実施しているのだと予測出来ます。

一階の集合ポストの場合、そばに置いてあるゴミ箱に「またチラシ入っているよ。」と思いながら見もせず捨ててしまっている方が多いとおいます

それが戸別ポストには言っていると「えっ、何だろう」とチラ見くらいはするのかもしれません。

このポスティングの変化も、その時々に社会情勢によって変化がされています。

特にチラシのポスティングとなると「地域」が一番重要視され、一番多いのがスーパーなどの毎週特定日に行われている特売日の案内だったり、不動産の案内だったり、中古車、家電量販店などのチラシが多いです。

つまりその地域にある店舗のチラシが中心となっています。

このところ増えているネットショッピングを少しでも地域の店舗で購入していただくために「サービス」を中心とした訴えが掲載されています。

皆さんはこのポスティングによって入ってくるチラシをどう受け止めていますか?

もし、このポスティングに宛先が入っていて、自分の名前が入っていたら、もっと見る確率って上がりますよね。

不特定多数なのか、個別なのかによってもポスティングされたチラシやカタログ等の開封率って上がります。

たまにはポスティングチラシを見てみると、意外な地域の店舗情報が入っているので、新しい発見があるかもしれません。

 

3つのスタイルでの事業者住所録データの販売を行っています。

※住所録データをご購入の場合は「Webマニュアル」をご用意しておりますので、ご一読下さい。

購入Webマニュアル

※住所録データのサブスクリプションをご希望の方は下記バナーをクリックして下さい。

サブスクリプションデータ

※住所録データの業種と地域を指定してのデータをご希望の方は下記バナーをクリックして下さい。

個別オーダー

 

 

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment