【自由投稿】事業所へダイレクトメールを出そう

皆さんのご商売は何でしょうか?

ちょっと今までと違ったアプローチをしてみませんか。

スーパーや飲食店など、レジで会計を必要とする業種では、レジ付近で販売出来る商品の提案を待っているようです。

また、美容院や理容院では、施術しながら、通常は販売しづらいものでも、詳細を説明出来る商品の販売が人気を呼んでいるようです。

そのほか異業者との業務提携なども盛んに行われています。

つまり、個人宛のアプローチより、事業所へのアプローチが結構な結果をもたらしてくれるようです。

特にこのコロナ禍で窮地に追いやられ、人の流れが戻りつつある現在では、間口を広げた商売に目が行っているようです。

簡単に言えば、店舗などは折角来店いただいたお客様の客単価を上げたいと言う気持ちと、お勧め商品の提供を考えています。

また製造業においては、本来の製造品目ではなく、新しいものを製造し、異業種への売り込みを行ったりと、こちらでも間口を広げた工夫がされています。

今まで必要とされていた物が不要になったり、今まで無かったものが新しく必要になったりと、変化が出てきています。

時代の先読みも大事で、今後何が必要で、何が求められるかを早く察知することも大事な仕事です。
通販業者の鉄則で、購入者に商品を送る場合は、必ず次に購入されるだろう関連商品の案内やパンフレットを同封し追加購入を促します。

この考え方は様々な業種においても言える事で、次に何を提案できるかを前もって決めておき、ストーリーの上で、ひとつひとつ話が進んでいく事を想定した提案が必要とされています。

多くの方はひとつの取引で喜び、さて次誰に購入して貰おうと考えがちですが、実は購入者ほど、次の購入者につながる確率は高いものです。

ただ、次の提案がないから一回の取引で終わってしまうというケースが多いのです。

全て「継続」の中に、計画やサービスが生まれてきます。

今実施している事を見直してはどうでしょうか?

話を戻しますが、こうして一生懸命ご商売をしている方々はたくさんいます。

ただ、残念なことに一生懸命すぎて、周りを見渡せないでいる方も多いことは現実です。

そういう方々に、ダイレクトメールを使ってご提案をして見てはいかがでしょうか。

お勧めの商品、お勧めのシステム、お勧めの業務提携などなど、今お持ちのご提案をストレートに伝えていくことも大事な事です。

早速、事業者住所録データを、DMデータ販売から取得してダイレクトメールを発送しましょう。

住所録データは、新しさが一つ目の要素です。

そして二つ目は安く手に入ることです。

大手の事業所から高額で購入されている方もおられます。というより住所録データは高額なものと思っている事業主さんも多く、まさか1件1円で購入出来るなって思ってもいないのです。

さらには、販売会社の大小に違いはあっても、ダイレクトメールが届くことには変わりがないデータであれば安い方が良いわけです。また、データ項目が多いからと言って価格が高くてはコレもダイレクトメールを出すという目的においては無駄となってしまいます。

単純にダイレクトメールやテレホンアポイントに必要な「会社名」「郵便番号」「住所」「電話番号」だけで十分という方にはお薦めの全国業種別事業者住所録となっております。

是非、ダイレクトメールで成功するには最適な住所録データですので、ご購入のご検討下さい。

 

3つのスタイルでの事業者住所録データの販売を行っています。

※住所録データをご購入の場合は「Webマニュアル」をご用意しておりますので、ご一読下さい。

購入Webマニュアル

※住所録データのサブスクリプションをご希望の方は下記バナーをクリックして下さい。

サブスクリプションデータ

※住所録データの業種と地域を指定してのデータをご希望の方は下記バナーをクリックして下さい。

個別オーダー

 

 

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment